相続、遺言、あらゆる法律相談は、兵庫神戸のかけはし法律事務所へ。

医療事故

 医療事故裁判では、弁護士が医学的事実と問題点(病院や医師の過失)を理解し、裁判官に分かりやすく説明することが不可欠です。そのためには、カルテや画像、医学文献を収集して丹念に読み込み分析する、専門医を探してレクチャーを受け意見書の作成を依頼する、患者側の認識している事実経過を時系列に沿って細かく聴き取り整理する等、徹底した医学的調査が必要であり、これらは時間と労力と根気を要する作業です。
 当事務所では、日頃から丁寧な事件処理を心がけており、医療事故裁判についても同様です。
 医療事故の法律相談に来られる方の多くは、最初から裁判を望んでおられるわけではありません。裁判に至らずに交渉で解決する場合もあれば、医学的調査の過程で様々な事実が明らかになり、病院や医師に対する不信感が解消される場合もあります。初回の法律相談では、事実経過の概要をお聞きした上、医療事故の事件処理の手順や費用(弁護士費用の他、相当の実費が必要となります)をご説明します。

予約受付はこちら

PAGETOP
Copyright © Kakehashi Low Office All Rights Reserved.