相続、遺言、あらゆる法律相談は、兵庫神戸のかけはし法律事務所へ。

個人の借金を整理する方法について

 銀行やサラ金、クレジット会社から借金があって、もう何年も返済しているが、いくら返しても減らない、どんどん借金が膨らんでくる、生活が出来ない、そのような悩みがある場合には、専門家に依頼してきちんと借金を整理するべきなのかもしれません。
 個人の借金を整理する方法には大きく分けて2種類の方法があります。
 1つは、借金を全部、あるいは一部をなんとか返済していくという方法です。
 この方法には「任意整理」という方法と「個人民事再生」という方法があります。
 もう1つが、全て清算してしまう、すなわち自分の持っている資産を全て吐き出すかわりに、全部の債務を0にして貰うという方法です。
 いわゆる「自己破産」という方法です。
 当事務所にご相談いただいた場合、まずは、ご相談者の負債の状況(どこから、いくらくらいの借入があるのか)、経済状況(収入がどれくらいあり、それは今後増減しないのか、支出は現在どれくらいあり、どの程度まで削減できるのか、今後支出が増える見込みはないのか)、返済の見込み等について事情をお聞きした上で、まず「返せる見込みがあるのか」あるいは「到底返済は出来ないのか」について判断をすることになります。
全額返済可能か

No

一部でも返済可能か

 各手続の流れについて簡単に説明すると以下のとおりとなります。

弁護士から書く債権者に対する受任通知→債権者からの催促ストップ

利息制限法による引き直し計算
任意整理
個人民事再生
弁護士から必要書類の指示
自己破産
正味の債権額確定
任意整理
個人民事再生
申立
自己破産
弁護士と相談者の間で弁済案の相談
任意整理
弁護士から相談者へ申立に必要な書類等の指示
個人民事再生
破産決定
自己破産
弁護士と各債権者との間で弁済計画について高尚、合意
任意整理
弁済スタート
任意整理
再生計画の許可
個人民事再生
弁済スタート
個人民事再生

予約受付はこちら